ホーム > IT/ガジェット > WEB系 > baserCMS > baserCMSでTwitterCardをつくるヒント集

参考サイト集

参考サイト 
【1】記入すべきPHPコード(1) 我流天性がらくた屋
【2】記入すべきPHPコード(2) baserCMS公式フォーラム
【3】クローラー巡回をさせる 初心者にもわかる!robots.txtの書き方
【4】ツイートボタンの設置 baserCMS公式フォーラム
【5】Twitterカードのプレビュー Twitter公式ページ(要ログイン)
【6】OGPプラグイン baserMarket OGPプラグイン

取りあえず参考にすべきサイトはこの4つ。
記入すべきPHPコードについては【1】の記事に詳しい。
ツイートボタン設置に関しては、ウィジェットとして別途、エレメントphpファイルを作り、そこに記載していくのが良いだろう。
ウィジェットとしてエレメント⇒ウィジェットフォルダの中に、ツイートボタン設置のphpファイルを用意すると良いだろう。

また、2018年4月にbaserMarketよりOGPプラグインがリリースされていた。
ブログページではPC版、スマホアプリ版で機能したことを確認しているため、是非活用していただきたい。

私自身が持つ現状の課題

上の参考サイト集を基に、私もbaserCMSでTwitterカードを作成した。
結論から言うと、現状、iPhoneアプリ版では上手く表示が出来ていない。
ついでに言うと、何故かページ毎のディスクリプションが上手く取得できない。まぁ、ディスクリプションに関しては、通常のsummaryで吐き出したカードの場合、表示されないので、ここでは一旦おいておく(苦笑)

さて、baserCMSにおける関数の定義では、次のような書き方で書いていけば、各ページ毎の要素を取得できるようだ。
?php echo $●●;
(<>を書くと編集画面から消えるので省略)
この●●の中身をtitleにすれば、記事毎のtitleを取得するし、urlにすればページ毎のURLを取得するようだ。

最終的には、こんなコードを書き上げてしまった…。
何か上手くいかないものがあり、あちこちのサイトを見ながらコードを書き加えていくうちに、こんなコードを叩いてしまう。
PC版ではキチンとツイッターカードは表示されたので、特段PHPコードは間違っていない…と思いたいのだが、どうだろうか。
しかしiPhoneアプリでは上手くいっていない。
スマホ時代の昨今、モバイルアプリ版で上手く起動しないと、頭を抱えてしまうものがあるのだね。
現状、iPhoneアプリで表示されないことの原因は掴めておらず、いまだ手探りな状態となっている。